究極の英語学習法

究極の英語学習法「K/H system」で英語力を飛躍的に伸ばそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

結局「多読多聴」がポイントなのか?

最近、本屋で「多読多聴」に関する書籍を目にすることが多い。

確かに「多読多聴」は大切だ。結局、どれだけ要領よくやっても、ある程度の量をこなさなければ、語学は上達しない。

しかし、手当たり次第にやって伸びるのは、ある程度のレベルまで。なんとなく分かった気分になってしまうと、なかなか上達しない。

その点、K/H systemなら、一つの教材を徹底的にやりつくし、完璧に仕上げるという努力が求められるので、かなり高次元の英語力の修得につながっていく。

「多読多聴」は否定しない。ある程度のレベルまで上げてやるにはどうしても必要である。その先は、K/H systemが圧倒的に有効であろう。

参考サイト:
tadoku.org
Open Culture
多読多聴マガジン



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村 ← 他の英語学習法をチェック!
 

テーマ:語学・国際交流 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/13(土) 14:47:36|
  2. K/H System
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://khsystem.blog38.fc2.com/tb.php/8-99e6a1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。