究極の英語学習法

究極の英語学習法「K/H system」で英語力を飛躍的に伸ばそう!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『女は英語でよみがえる』(安井京子)

女は英語でよみがえる』という本は、通訳の安井京子さんの著書。




アルクのサイトでは、以下のように紹介されている。

33歳から英語をやり直し、翻訳者/通訳ガイド/英語講師になった主婦が、プロとしての英語力の付け方と、仕事獲得のための心構えを伝授!
子育てのために仕事を辞めて専業主婦になった著者は、30歳を過ぎて再び仕事をしたくなり、「英語のプロになろう」と思い立ちます。ところが、腕試しのつもりで受験した英検準1級にあっさり不合格。やる気に火がついた彼女は、独自の学習法で英語力を徹底的に鍛え直し、わずか2年で英検1級を取得。さらにその2年後には難関の通訳案内士試験にも合格します。しかし、地方住まいで2人の子どもを抱える彼女が実際に英語を仕事にできるまでには、さらに紆余曲折がありました。  本書ではそんな著者の体験を基に、できるだけ回り道をせずに英語の仕事を獲得する方法、プロになるために必要な英語力の付け方を解説します。

「中級→上級」の壁を必ず越えられる英語学習法を詳述
第1部の「目標設定編」では、通訳、通訳ガイド、文芸翻訳、実務翻訳、英語講師といった「英語の仕事」を手に入れるために必要な能力や資質について、また、実際に仕事を手に入れる方法について解説します。また、第2部の「実力養成編」では、ボキャブラリー、リスニング、リーディング、ライティング、文法といった分野別の英語力の伸ばし方、TOEIC(R)テスト、英検準1級・1級、通訳案内士試験の受験対策を詳述。著者自身の体験や英語講師としての指導経験に裏打ちされた、中級の壁を必ず破れる英語学習法は、男女問わず参考になるはずです。



オススメ~♪

参考:「耳と声トマティストレーニング体験記
スポンサーサイト

テーマ:効果的な学習法など - ジャンル:学校・教育

  1. 2012/05/26(土) 20:58:01|
  2. K/H System
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TED っていい教材だなぁ~♪

TEDがNHKでもとりあげられているが、これがなかなかいい。NHKの番組は、MITメディアラボ所長の伊藤穣一氏がナビゲーターとなっている「スーパープレゼンテーション」。



TEDでは、いろいろなプレゼンを見ることができる。

しかも、どれもなかなかおもしろい。

おススメ~♪

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村 ← 他の英語学習法をチェック! 
 

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2012/04/15(日) 16:53:21|
  2. K/H System
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱり大事な英文法を学ぶにはコレ→『一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法』

一億人の英文法 ――すべての日本人に贈る「話すため」の英文法(東進ブックス)』(大西泰斗、ポール・マクベイ)は、分厚いものの、とても分かりやすい英文法の解説書。まさに、これ一冊で十分ではないかと思える内容。




大西泰斗氏といえば、『ネイティブスピーカーの英文法―英語の感覚が身につく』や『ネイティブスピーカーの単語力〈1〉基本動詞 (Native speaker series)』、『ネイティブスピーカーの単語力〈2〉動詞トップギア (Native speaker series)』、『ネイティブスピーカーの単語力〈3〉形容詞の感覚 (Native speaker series)』、『ネイティブスピーカーの英文法絶対基礎力 (Native speaker series)』といったネイティブの英文法の感覚をイメージで伝えてくれる本を何冊も出されていて、とても参考になるが、今回の一冊も、とても参考になる。オススメ!












にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村 ← 他の英語学習法をチェック! 

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2012/02/05(日) 13:33:25|
  2. K/H System
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語のリスニングで「ポイント」とそうでない部分を聞き分けるには...

英語のリスニングでのポイントは、「挿入
」部分をしっかりと認識すること。そうすれば、「ポイント
」となる部分を逃さず理解できる。


究極の英語学習法K/Hシステム―発展編 ロジカル・リスニング」の第4章と第5章では、その部分が書かれている。


例えば、「but」に注目することで、脱線から本線に戻るきっかけがあるといったことが挙げられる。


読むべし
。学ぶべし~ ↓






にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村 ← 他の英語学習法をチェック! 


テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2011/12/21(水) 10:53:27|
  2. K/H System
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英語では結論を言って説明を加えるということは...

英語の基本形は、「結論を言って、説明を加える」というものだが、リスニングにおいてもスピーキングにおいても、どうやって説明が加えられるかのパターンを理解しておくことが大切。


それには以下の4つの
典型的なパターンがあるのだとか。


より詳細な説明

原因・理由などの説明

例による説明

重みによる説明




究極の英語学習法K/Hシステム―発展編 ロジカル・リスニング」では、実例を挙げつつその説明がなされている。






にほんブログ村 英語ブログ 英語学習法へ
にほんブログ村 ← 他の英語学習法をチェック! 

テーマ: 英語・英会話学習 - ジャンル:学校・教育

  1. 2011/11/22(火) 10:47:43|
  2. K/H System
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。